40代からの体に必要な栄養素は。。

今日は、東京へ分子栄養学を学びに行ってきます。

空港に早くついてしまったのでタイピングをしました。

 

そう、明日の11月19日((月)は休診します。

帰れないのでよろしくお願いします。

 

僕も40歳に近づくと、食べ物で疲れるということがあります。

えっ!?

 

極限に集中した後はがっつり食べると

何もしたくなくなったりします。

 

アルコールを飲んだ次の日は、やたらお腹が張るとか

なんでかなぁ?

と自己分析していきました。

 

極限に集中は、体にとってはストレス

栄養の勉強をしているとストレスで体のビタミンが

体外へ流出するということがわかりました。

 

なので、疲れてる時は一気に食べたら内臓に負担がかかって

疲れるというパターン

 

そして、アルコールはビタミンの流出とアセトアルデヒドという毒性物質

の発生で栄養の消化、吸収が悪くなるからお腹が張るのです。

 

対策

疲れている時は、ゆっくり体に優しく食べる

あったかいスープ、味噌汁から食べていくと

それだけで満足するかもしれません。

 

それだけで、栄養が足りてるの?と思ってしまいそうですが

 

お腹や脳が満足したらそれでオーケーです。

健康な人は小食な人が多いことも事実です。

 

栄養は外から取らないといけないと思われがちですが

人の体は気の集合体との考え方もあり

 

「空気」というを栄養にすることもできるはず。

美味しい空気を吸える環境に感謝ですね。

 

話が逸れましたので、栄養の話は次の機会に、、では行ってきます😃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加