こころに残る臨床

【こころに残る臨床】

常連さん

症状:左目の痛みとふらつき

感情 ➡関心➡ お腹にいるとき➡ 父親

一瞬あまりいい記憶ではないのかな~?と思いましたが違いました、

ほっ、

尋ねると、父は自分が生まれるときに女の子だったということで

大変喜んでいたそうだ。

そんなことを思い出してもらい、その感情に入れるバッチフラワーを特定

バッチフラワーの波動を入れる。

身体がジーンとして、目の痛みも和らいでいきました。

人の身体は、60~70%は水分と言われています。

水は記憶するともいわれ、人生の経験や感情なども記憶しています。

症状が出るということは、その記憶や感情の歪みということも言えます。

人の症状は、その歪みを調和することでいい方向へ向かうと思います。

すべてではないかもしれせんが。。。

(臨床で研究しますm(__)m)

筋肉のゆがみなどもありますから。

人体に歪みを作っていた感情をバッチフラワーの波動でその歪みを

戻しということです。

その瞬間、体内の水が振動してこちらにまでじーんとした感情(振動)が

伝わりました(T_T)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加