整体で不調を治すには?中学生

kyd_828334_pixta_15726435_L-800x450

最近は学生に多い症状は朝が起きられない、頑張って起きると吐き気がする

ふらふらする、首が違和感や痛み、特に午前中が調子悪いので

学校へ行けなくなるといった相談が多いです。

病院では起立性低血圧や自律神経の乱れなど診断されることもあります。

ですが、病気を治すというよりは症状を改善するといった考えで理解してもらえると

整体でよくするっていうことが理解しやすいです。

なぜなら、来院された時の症状はよくなっているのにずっと起立性低血圧は治るのですか?

と質問をされる方がたまにおられるからです。

症状が出なくなったということはよくなっているということなのです(^^)

こういった症状は、自律神経を調整することで改善されることが多いです。

なぜなら、3年間で60例以上みてきて改善率73%の整体を行っています。

年々自律神経の乱れに悩む患者さんは増え続けています。

 

 

たくさんの人を元気にしたいと思っています。

 

では、症例のご紹介です。

中学1年生、男子

症状

朝が起きられない、午前中は吐き気がして気分が悪い、首の違和感

 

検査では、体の姿勢や傾き具合で原因や特徴をみています。

 

今回は、少しですが両肩が上がっていて緊張しやすい体質

そのことで呼吸が浅くなりやすい。

ということや首が前に出すぎているので喉にも違和感がでる

酷くなると、いつも詰まった感じがしたり咳が治らないといったことになる。

 

こういった説明を姿勢をみながら説明しています。

free-illust50721

やっぱりこういったことはふつうは聞いたことないことが多く

真剣に聞いてくれます。

体の仕組みと自律神経の仕組みから筋肉・内臓のつながり

緊張しやすいとは体にとってどうなのか?

などを説明し施術を行っています。

 

初回の施術

44766588 - doctor doing back adjustment in medical office

初回は、体の仕組みを理解していただいて体を緩めて自律神経を穏やかに

する施術を行いました。

なぜなら、説明だけでは理解できないのです。

身体が緩むことで実感としてわかるようになります。

人の体は頭だけで理解しているのではないのです。

完治までは時間がかかるかもしれないのは

頭だけではなく、全身で理解する必要があるからです

3~4か月から6ヵ月かけて確実に元気になっていきます。

最後に

夏休み前からずっと多いです、中学生や高校生の不調、
自律神経の乱れもありますが生活や思考の乱れがあって体が乱れていると診立てています。
自律神経だけのせいにせず、生活や考え方の癖も
気づいてほしいな☆

子どもの緊張癖は、身近にいる両親の影響を強く受けるので

ご両親の体が緩むとつられて子供も緩みやすくなるので

気になる方は親子で受けてくださいね(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加