首の痛み 那珂川町 整体

こんにちは、福岡県筑紫郡那珂川町の整体

かわせみ整骨院の野村です。

 

 

首を痛めた方へ

参考になればと思い書いています。

 

 

当院へは、首の痛みで来院される方が多いです。

 

それもかなり重度の症例にもよく出会います。

 

 

率直にはこのような状態です。

首に全く力が入らなくなった

首の緊張が取れない

いつも肩こり

 

経歴を聞いていくと、ここまで悪くなってしまうまでに

腰がヘルニアになっていた、圧迫骨折をした、交通事故で大きなダメージを

受けたなどの外傷歴からの体を痛めないように

いつも力を入れ続けていた。

 

そのほか、ストレスの積み重ねも重なって強い痛みに変わってしまった。

そう、首とそのほかの場所も大きなダメージ歴あり

 

当院の首の痛みへのアプローチ

第一段階

痛みのせいでずっと体に力が入っていませんか?

 

眠れていますか?

(眠れていても浅い場合が多いのも特徴)

から入っていきます。

 

まずは、体の力を抜いていきます。

 

痛みが少しずつよくなって、よくなってもまた悪くなるんじゃないか

という不安が出てくるのが、重度の症状でよくあるパターンです。

 

この問題は、考えれば考えるほど不安が大きくなり

眠れなくなる人もいます。

 

眠れていても、浅くなっていて不安がどんどん大きくなっていきます。

 

この問題は、ダイレクトに眠れる様に施術します。

 

ヒプノセラピーって知っていますか?

アメリカでは、精神疾患や不眠にヒプノセラピーと言って催眠を

使うのが主流だそうです。

 

日本では、まだまだ薬で治療するのが一般的ですが副作用の課題が多くあるように

感じています。

 

 

催眠って、自律神経でいうと副交感神経にアクセスする方法で

例えば、痛みの恐怖です。

この恐怖が頭から離れないといった状態になると人は、眠りが浅くなりやすい

 

眠りが浅いと、体から恐怖の記憶が残ってしまうのです。

 

元々、人は忘れる生き物です

睡眠中に人の脳は記憶を整理しているのです。

 

ですから、催眠によって眠りが深くなってちゃんとした記憶の整理が

つくことで今までストレスに感じていたことが、たいしたことに感じなくなります。

 

 

慢性的に体の調子が悪く感じている場合、ヒプノセラピーは効果を発揮します。

 

力が抜けないを潜在意識から、調整

 

力が抜けると脳幹が働いて、まずは血行が良くなって手足があったかくなる感じ

 

そして、内臓にエネルギーと血液が集まってきます。

 

これで脳幹に血液が届いたと判断しています。

 

 

この感覚は、体の潜在意識にしっかりと覚えこまれます。

 

なので、副交感神経が働く睡眠時に最も効果を発揮します。

 

自分でできる運動

リズム運動・気楽に散歩すること

好きな音楽を聴く、自分でギターなどで弾いてみる

寝る前や日常的にゆっくり呼吸をこころがける

最後に

以上で首の痛みから、感情(不安・恐れ)と自律神経の影響をお伝えしました。

当院は那珂川町で自律神経整体をしています。

かわせみ整骨院の野村が書いています、自律神経整体の講師も務めて全国のプロの整体師にも

技術を教えています。

首の痛みについて詳しくはこちら

首の痛み

首の痛みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加