目の奥の頭痛 那珂川町

68569859 - the woman who takes a supplement

年齢:40代前半

職業:事務職

症状:こめかみの頭痛・頭頂部の頭痛・目の奥の頭痛・肩こり・貧血

来院までの経緯:

Kさんは、中学生の野球少年のお母さん、毎週野球の試合で時には県外に遠征に行くこともあり

ハードな遠征の後は必ず頭痛で寝込んでしまう。

その頻度が多くなって2年前から飲んでいる強めの薬も

最近薬の効きも悪くなって心配していたところ紹介で来院される。

 

 

1回目

頭痛の原因を、検査で見つける為筋肉・内臓・自律神経の働きを

チェックしています。

大事なのは見立て、

 

kさんの場合は、首の血管の流れが悪くなっていました。

原因は頭蓋骨リズムと内臓の代謝が低下でした。

 

絶対治りますと伝えて、一回目を終えました。

 

2回目(初診から3日後)

初回は、からだや背中全体を意識した施術でした。

今回は右半身が気になるということでした。

背中や右の眼の奥の頭痛

 

 

3回目(初診から8日目)

今回は、今までの交通事故などでの衝撃がまだ体に残って

いるとの反応がありそれらを調整し、頭蓋骨リズムと内臓の代謝を

上げるようにしました。

4回目(初診から15日目)

少しずつ頭痛の強さは減っていると言っていました。

今回は、特に肝臓の疲れ、たぶん今までのお薬の蓄積や普段の生活の

疲労の蓄積です。代謝が悪くなって頭痛の原因になると考えています。

 

 

 

5診目(初診から21日目)

頭痛の痛みは減少傾向で以前より笑顔が増える。

内臓や頭蓋骨リズムの乱れは、仕事や野球の遠征での疲れかも

しれない、知らないうちにストレスになっていたのがわかってきました。

 

ですが僕は、この生活のまま頭痛は改善することを知っています。

それは、体の内分環境が良くなれば生活を変えなくて済むからです。

 

 

6診目~9診目(初診から70日目)

感情の根本的原因が緩んできて、筋肉・内臓の代謝・頭蓋骨リズムが

整ってくると自律神経が安定します。

9回目を終えた時に、長距離塩性が3日続いても全然疲れなくなった

ということで、一旦施術を終了しました。

 

 

考察

ワンポイント

今回の患者さんの症状は、15年前に出産からずっと続いていた頭痛で

した。これまでは、お薬のみで対処していてそれが効かなくなってきて

この先を考えての来院でした。

 

初めから変化がでたわけではなかったのですが、3回目以降は少しづつ

変化を感じてもらえて9回目で気にならなくなったということで

よかったです。これからも子供達意の為に健康で過ごしてほしいです(^^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加