右手のしびれ  自律神経を整えて消失

右手のしびれ

自律神経を整えて消失

8月の初めから右手がしびれ、そのうち治るかなと思いつつも

忙しさで病院にも行けずホームページをみて来院される

 

症状:万年肩こり、背中のコリ、イライラ、

 

【問診と身体の検査】

背骨の動き、内臓の疲労、筋肉のコリ、自律神経の状態を主に検査。

 

一般的には手のしびれは首が悪いと思われがちですが

首の検査を行ったところそれほど悪くはありませんでした。

 

背骨は胸郭の乱れ肺の機能低下(呼吸が浅くなる)で固くなっていました。

内臓では肝臓の疲労、老廃物を肝臓が処理するのですが、老廃物が多すぎる

ことで肝臓が疲労し背中の筋肉にコリができます。

 

呼吸が浅くなっって、老廃物が溜まって内臓(肝臓腎臓)で処理しきれなくなると

自律神経のバランスが乱れて血管が収縮し神経に栄養が届かなくなって

手のしびれになっていました。

肝臓は東洋医学でいうと怒りの感情とリンクしていてイライラと関連します。

 

これらの原因となっていた、内臓・筋肉・自律神経を整えることで

その場でしびれは消失一回目で効果が出ることは少ないですが

体は確実にいい方向へ向かっていったと思います。

手のしびれについて詳しくはこちら

手のしびれ

手のしびれに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加