腰から足に力が入らなくなった症例

年齢:50代後半

症状:腰から足に力が入らなくなった、体全体が右へ傾く、右肩の痛み

来院までの経緯:

一週間前から腰と右足に力が入らなくなっていた。

以前から体が全体的に右が下がっていると感じて、家族や会社の人にも

言われる、年に1~2回ひどい腰痛にも悩ませており

最近は運動もしていないのにすぐに疲れる

この状態では運動することができるのか

不安があるということで体を根本から治すために来院されました。

 

 

1回目

関節の動きとコリ、体のゆがみを鏡で見て現状を把握。

体の右全体が下がっていること股関節の右側が痛みと体重が乗せられない

ずっと悪かったのをかばっていたために、疲労が抜けない体の状態でした。

 

よく聞いていると、目にクマができやすい顔色のことなど人から言われ

少し気にしていた。

 

大きな原因としては、右の大腰筋の機能低下でした。

 

大腰筋の近くには腎臓・肝臓や大きな血管があり

ここにトラブルがあると疲労が抜けにくくなり、腰痛の原因としては

メジャーな部分です。

 

ですが正確に大腰筋を触診することは一般的には難しいのです。

 

 

 

2回目(初診から5日後)

初回は、状態の検査と一番負担のかかる個所を特定し

大腰筋を調整しました。

 

結果は足に関してはほとんどいたくない状態になりました。

まだ不安定なのでもう一度調整をして2回目はオーケーです。

3回目(初診から11日目)

前回よりも腰・足はよくなってきました。

今度は右肩も調子が悪かったことを思い出されたので

右肩もみていきました。

少し五十肩気味です、、、、

41630339 - man suffering from chest pain, heart attack.

4回目(初診から14日目)

五十肩はあるパターンを発見したので、3パターン

で治すように説明し施術を開始

前回はパターン1、今回はパターン2

5診目(初診から20日目)

パターン1・2ともクリアしていたので

今回はパターン3を調整

 

五十肩は長い人で1年~2年かかる人も多いと思うのですが

五十肩て前であれば、割と早い期間で治すことができます。

 

 

 

6診目(初診から28日目)

肩の状態も良好になったので今回で終了。

メンテナンスもお勧めしますが、また痛くなったらということで

オーケーでした(^^)/

IMG_0896

考察

ピコーン!!

始めは一ヵ月の予定でしたが割と早く改善となりました。

ずっと体が重かったそうですが、幻だったかのように軽くなったといっていました。

 

今回は、大腰筋の機能低下の為に血液の循環が悪くなって、疲労物質が

蓄積し筋肉が固くなっていた状態でした。

 

早めに原因を改善することで体の状態は改善されますよ。

患者さんの写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加