自律神経 起立調整障害

自律神経

起立調整障害

2か月前ぐらいから病院で起立調整障害診断を受ける

症状:腹痛、膝オスグッド、朝起きれない、夜眠れない

 

漢方を飲んでいるがあまり改善せず、当院へ来院

31970567_s-400x300

 当院での整体はどんなことをするのか?

整体では、頭蓋骨のバランスを整えることで自律神経の働きを

引き上げていきます。

 

調整は軽いタッチで行いますので、小さな子供さんでも受けていただけます。

 

 

今回は14診目までかかって、朝起きられるようになった症例です。

初診時、体がだるい腹痛、オスグッドが治りきっていない

いろいろなショック(身体的・精神的)

身体的はオスグッドで思うように体が動かせていない

精神的は自己表現の制限

 

 

これらのショックをきっかけに、体のリズムが乱れます。

 

自律神経はリズムです。

乱れたリズムを身体からそして頭蓋骨で判断しています。

 

頭蓋骨は一定のリズムを持っている

23個の形の違う骨が、何ミリの単位で小さく動いています。

脳と脊髄を包む硬膜という膜に影響を受けます。

 

硬膜は強靭な膜ですがショックなどのストレスに弱く

ゆがんだり緊張したりします。

 

この緊張が残っていると、体のリズムを乱すことになります。

 

この緊張を取り除くことで、最初は14時にしか起きられなかったのが

だんだんと早くなって普通に起きられるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加