座っていられない座骨の痛み

座っていられない座骨の痛み

83歳 女性

 

初診日4/4

3月の中旬から痛み、整骨院へ毎日通ったが一向に

改善せず当院へ紹介をいただき来院される。

 

左座骨の座位での痛み、全体をみるため歩いてもらうも

よろけて不安定、少し歩行時も痛みあり。

 

お尻から足にかけて痛みがあり、炎症も考慮しまずは歩行時の

痛みがなくなるように、足を調整しました。

 

2回目

鉾維持の痛みはなくなっていましたが、まだ座った時の痛みが強く

遠くから来られているので車も休憩しながら来たと言っていました。

 

何とか楽に座れるようにと思います。

今回も足の調整と、加えて膝の調整を行いました。

膝は1年前に左を手術、2年前に右を手術しており

術後の調整は、それ用にあります。

 

3回目

前よりは少し長い時間座れるようになったと、笑顔が見られるようになりました。

膝が効いたのかな~!

 

この時点で座骨神経痛の感じは消失していたので、殿筋が付着する

骨のザラザラしたところを中心に筋肉をもとに戻していきました。

 

4回目

もうほとんど、痛みは消失していました。

今回は頭痛の調整をして終了しました。

 

 

 

考察

考察の図

来院時は、お尻から足にかけての痛みで歩くときにも

足を引きずったような感じでした。

そのため坐骨神経痛のような感じ。

その場合は腰には問題ないことが多いため

足から調整を行います。

 

高齢者にありがちな膝の故障も原因だったと思います。

毎日ほぐしてもらっていて良くならなくて

当院へ来られて

マッサージをしないのによくなるのかな?

と不安そうでしたが

だんだん

よくなったことにすごく驚かれていました。

脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

脊柱管狭窄症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加