スタッフ紹介

野村 康治

野村 康治

出身
東大阪市
趣味
身体の使い方を生かした施術の研究、バイク
資格
H15柔道整復師、H24鍼師、灸師、
所属協会
日本自律神経整体協会
講師
自律神経整体

どんな想いで施術していますか?

自律神経症状でお困りの方にあきらめないでよかった

「今までがウソだったみたい」、「普通の生活に戻れた」など

そんな風に希望をもってもらえるように。

暗くなっていた部分に光を照らすような気持ちで施術に当たらせて

頂いています。それは気持ちでも身体でも同じだと思っています。

経歴をかんたんに教えてもらえますか?

経歴をかんたんに教えてもらえますか?

今は2児の父です。

この道を志したのは高校を卒業してすぐでした。

元々野球をやっていたことと柔道を高校生の時にやっていたのが

きっかけでケガを治す仕事それも体と心のスペシャリスト

なるために大阪の専門学校へ3年かけて通いました。

夜間部だったので朝は7時からお惣菜を作る工場へアルバイトに行きながら自転車で2時間かけて学校への毎日でした。

学校では年上の人が多く勉強や遊びも教えてもらい辛いようで

楽しかったです。

卒業して自分を試したいと思い、福岡の叔父の整骨院で働かせてもらいました。そこでは毎月八代へ身体均整法という高度な整体の勉強へ10年間続けて行ったり、車の免許を昼休みに取りに行かせてもらったり、東洋医学を極めたいと思い鍼灸師の資格を取得するために

整骨院を5時に閉めさせてもらって取りに行かせてもらいました。

この期間に生き方の基礎を叩き込まれたと感謝しています。

その後、自律神経整体と出会い日々施術させていただいています。

どんな患者さんに来て欲しいですか?

どんな患者さんに来て欲しいですか?

自律神経の調整をメインにしているのですが、

自律神経の乱れは

ほとんどすべての病気・症状の原因になりやすい

自律神経症状のほかにも婦人科系の不調は自律神経症状と

重なる部分が多く肩こり・腰痛も根本の原因には自律神経が

影響していると考えています。

ちょっとした不調が後になって響いてくるかもしれないので

寝ても疲れがとれにくいという場合でもいいですし

風邪をひかないようにしたいといったことまで

幅広く対応できるので、自分の体を健康に保ちたいという方に

来てもらいたいです。

 

 

最後にかわせみ整骨院にこれから行ってみようかな?と考えている方に向けて一言お願いします。

最後にかわせみ整骨院にこれから行ってみようかな?と考えている方に向けて一言お願いします。

今、自律神経症状で悩んでいる、家族や友達がいつも肩や腰の痛みで

悩んでいるけど何が原因かな?

時には病院に行ってもわかってもらえなかった

仮病だと思われそうで人にいいづらい

今は、病院や漢方薬局しか選択肢のない方にもっと認知してもらい

自律神経整体を受けて頂ければ、もっと健康になれると思います。

  • 病院で、肩こりが原因だと言われてマッサージに
    行ったけど改善しなくて困っている
  • マッサージや整体に行ったけど、
    結局原因が何かはっきり言ってもらえない

❖ 不安
❖ 改善するのだろうか?
❖ 誰も私の症状や辛さを理解してくれない
❖ 周りの目が気になる(仮病なんじゃないか?)

「私の身体はもう治らないのかも・・・」そう決めつける前に、先ずは当院までお電話やメールでご相談なりしていただきたいなと思っています。

最後に一言、

あきらめないでください、あなたのつらい頭痛やめまい、不安はきっとよくなります。

できるだけ早く不安を解消し、「できないことを」「できる」にするお手伝いをさせていただきますので宜しくお願いします。

 

ターニングポイント

そのきっかけもありました

オトンがもうあかん!!

そう弟からの連絡が入ったのは2013年2月22日のこと。
父が倒れたその日、午後3時半に実家から電話。
「オトンがもうあかん!!」という弟からの電話。

 

私はすぐ分かったのでパニックになりながらも、すぐ整骨院を閉めて、福岡から新幹線に飛び乗り大阪へ向かいました。

 

新幹線の中では、覚悟も何もできず、ただただ祈るのみ・・・すると、メールで午後5時ごろ、息は吹き返したという情報が・・!駆けつけて状況を確認すると、心肺停止状態から心肺蘇生3回目しても生き返らず、お見送りの部屋の移動中に息を吹き返したとのことでした。何の力が働いたのかは今でも不思議ですが、あの時何もできない自分がたまらなく嫌でした。そして、その時から思いました。

 

もし大切な人が、病気になったら?

もし体調不良になったら?

私は診ることができるのか?

治療家とはいったい何なんだろうか?

自分にとっての人生とは?

そんなことを考えながら、これからの人生、情熱と信念をもって生きていきたい!そう思うようになりました。