今週の臨床スタイル(鍼灸ドクター編)

今週の臨床

30712584_1078948995578195_2796489376891007989_n

4月になり、環境の変化や新たなスタートで無意識に気合が入ってる

印象でした。

 

環境では、気温の変化、空気中アレルゲンの変化

 

春は気が伸びる、新芽が出るなど伸びる性質の時期です。

 

症状は風邪、めまいや自律神経症状の再発のトラウマ、ぎっくり腰

が目立ちました。

 

めまいや自律神経症状のトラウマは一度よくなっているものは

トラウマの反射を消してあげてバランスをとればいいです。

ひどい場合でも続けて2~3回で大丈夫です。

 

風邪も多かったです。冬の時期にしっかり治っていなかった

季節の変わりめで免疫が落ちてしまった

今週だけでも3件みました、季節外れの風邪なので

冬場のインフルとかよりは優しかったです。

免疫を上げる調整と鍼で気の調節をして流してあげます。

 

その場で扁桃腺の腫れと痛みが取れると気持ちがいいです、

3件とも今後の経過を追いますが良好です、ちょっとした攻防戦なのでスリリングです。

ゴールデンウィークまでには回復するでしょう。

 

ぎっくり腰は腰だけではなくて、自律神経反射も原因になっていて

ピキッってなって動けなくなったのは自律神経反射をとってみると

回復が早い!!

 

 

季節ごとの症状の原因を追っかけていくと共通点に気づきます。

春・気が伸びる季節は気の乱れにヒントがあります。

 

最近は脈診を多用し気の乱れから、体の状態を把握して

調整を行っています。

 

鍼を使うと電位差が生じるため、エネルギーの流れがわかりやすいことも

大きな発見です。

 

エネルギーの正体は電気ということがはっきりしたところで今日の講座を終わります(^^)/

29497401_1066962576776837_3478333338578990674_n 29542462_1066962936776801_2393882944279676100_n

  • このエントリーをはてなブックマークに追加