不安になる自律神経をコントロールするポイント

お知らせ‼︎
2月の1日と2日は整体合宿へ行ってきます。
バージョンアップにご期待お待ちしています!

【自律神経の乱れについて】

症状は頭痛、めまい、吐き気、胃腸不良など
細かくはフラフラする、日によって違う元気が出ないと言ったことがあります。

一般的には心の病だとか言われています。

体と心は切り離せないので両方チェンジする
振る舞いが必要ですね。

当院では一時的ではなく、再発も防ぐ事を目的にしています。

なぜ?
再発を防ぐと言い切れるのか?

それは、体の調整をしながら体への認識を
勉強してもらっているからです。

患者さんの中には、たくさん自分の症状をネットなどで調べてると思います。
それはいい事なのですが
その結果症状に対してのマイナス面の
知識に偏りすぎてる事を感じます。

何事もバランスと言われるように、情報もマイナスの情報とプラスの情報があるのだと思います。

ポイントは‼︎

イラスト2 (2)
1、心と体は両方相互作用している
どっちも正しい方向へ持っていく

2、体の中には内なるドクターがいる
体は常にいい状態にするため頑張っている

ここに気づいてもらう事で体はいい方向へ向かっていきます。

キネシオロジーテストは無意識のところに問いかけているので

患者さんの中には気づく事で一時的に苦しい時もあるかもしれません

 

 

難しい用語になってしまうのですが、大脳新皮質優位では
本来の
治癒力に抑制をかけているといった感じです
やはりカギは無意識のうちに抑圧している
感情ストレスに刺激を入れることなのです。

最後の文章のところは、個人個人で違っているので

個別で反応がある時にお伝えしています。

 

何か不安なことがあればメッセージいただけたら時々アドバイスもしています。

 

あなたは自分の内なるドクターを信頼してますか?

みんなの内にあるスーパードクターが
本来の力を発揮しますように(^.^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加