とにかく痛みだけをなんとかしたい と本気で思っている方へ

いつもご来院ありがとうございます.

当院では痛みと戦ったりケンカしないでね~といつも思っています。

 

こうしてお会いできたのも何かの縁です。

 

痛みをなんとかしたいという思いは治療院へいこうと思った方なら当然です。

そして、痛みは良くなって当然だと僕は思っています。

理想は、忘れちゃったらオッケーじゃないかな(^^)/

そもそも痛みはありがたいものです。
これ以上、今のままの習慣ではダメですよと
教えてくれるものなのです。

 

【体の声を無視して、、、】

筋肉に負担をかけていませんか?
食事で内臓へ負担をかけていませんか?
自分を追い込んでいませんか?
無意識に自分の事ばかり考えて他人へ負担をかけていませんか?

いろんな意味で習慣に不具合があって
体がサインを出しています。

 

【体からのサイン】

耳鳴りで説明するとわかりやすいです(^.^)

耳鳴りは病気と思っているとすごい嫌な
ものと思いますよね?

でもほんとは
耳鳴りを聞こえるようにして体の
リズムを整えてるのです
耳鳴りの音で体を調律して治療しているのです。

 

これがほんとの自然治癒力です

 

耳は東洋医学では腎臓とリンクします。

耳鳴りを避けようとするとより強くなったり追いかけてきます。

体はその音が必要だからです。

 

【例えば】

どこかに痛みがあって何とかしたいとき

努力してストレッチや運動をするのがいいと思われていますが
果たしてそうでしょうか?

 

ダメということではないのですが
症状を治すために
頑張ってする行為が自然ではないからです。

 

テレビをこの体操がいいと聞いてやってみたけど

うまくいかなかったという話はよくあることです。

 

頑張って治そうという思いがより症状を

強くすることを知ってほしいです。
ストレッチも思いや気持ち次第では逆効果となります。
具体的には、ストレッチをする時にここが悪いから(腰など)強く思って行うと
不思議なことに脳は腰が悪いを強くインプットして逆効果になります。

 

ストレッチという行為がいいのというわけではなくて

いつも頑張ってる体をいたわる気持ちで行なうことが大切です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加