あなたの症状はどんなタイプ?

こんばんは、今日もいろんな症状をみて思いました。

 

これは治す痛みではなくて、キヅキの為の痛み

 

という場合もあります。

 

例えば、首の痛みで来られた患者さん

 

最近は足からずっと順番に調整かけていきます。

 

治るべき症状はだいたい反応します。

 

たまにあるのが、症状が全く変化しない、、、、(汗)

 

無理に矯正することはできるのですが後で必ず反動がきます。

 

そういった場合は患者さんの周りで起こっていることなどを参考に

調整します。

 

といってもわかりづらいと思うので、

 

関節からのメッセージを例に

 

首は物事の見通し、言いたいことを我慢している、脳の疲労など

 

が関係します。

 

寝違えたとか、外傷などがない場合は上記も視野に入れています。

 

痛みや負傷の裏側には

 

  • どうにもならない痛み、不調で困っている
  • 普段から不調を感じていて治したい
  • なんとなくどこ悪いところがあると思っている
  • なんでか知らないけど急にどこかが痛くなった?

 

背景にある物語を感じながら

 

時には気づいていないことにたどり着きます。

 

それは身体から出ている潜在意識にアクセスする

 

筋力反射テストを使ったテストで反応を見ています。

感情から調子を崩すこともあるのです。

 

ぜひそんなときはいいことが起こるイメージをしてみましょう。

必要に応じて後押しをしますよ(^^)/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加