熱が出るということは?

身体が自然に調整しているということ。

特に毒素が溜まっていたであろう状態であれば、熱を出すことで

毒素を溶かして体外に出すようにします。

「こうなる方の体の特徴としては」

身体が重だるい状態が続いていて

 

身体がだる重すぎて猫背

イライラしやすい

家族にやさしくできない

といった悩みがある場合があります。

初診時にこのような状態にあると、50%ぐらいの確率で翌日

もしくは当日熱が出たという反応が出ることもあります。

ただし

2日後には何ともなくなるのでほっといてください。

毒抜きしてると思ってもらえるといい感じになります。

僕からは施術途中から白い煙がクライアントさんの頭から出てるのがわかるのでおおよそ把握しています(^.^)

[caption id="attachment_440" align="alignnone" width="501"]免疫 免疫[/caption]

補足:発熱することで、病原菌の増殖が抑えられます、

風邪などのウイルスは、低温の方が増殖しやすいという性質があり

発熱によって増殖を抑える働きがあります。

発熱により:

白血球の働きが活発になり、侵入した外敵を食べる作用が活発になります。

このような作用があると体が強くなります。

外敵と戦えるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加