自律神経テクニックは自由度が高い

こんばんは、明日は雪かな~

と思いながら今日の臨床の復習をしています。

当院へ来られる方の中には自律神経症状

うつやめまい、耳鳴り、動悸、のどの詰まり感などの

症状の方も多く来院されます。

明日みたいに気候に左右されてしまう方や

常に調子が悪いという人様々です。

長期間の自律神経で悩まされていると

話をする余裕のある人、ない人

五十肩やヘルニアも併発している

交通事故から自律神経症状が出て治っていない方など

いろんな症状に自律神経がかかわっていると思います。

元々鍼灸をやっていたのです

1月の

自律神経協会セミナー講師補助の経験以降は積極的に

鍼灸の概念を臨床に入れています。

僕の鍼灸を習った時のイメージでは、心虚なんてありえない

ということをよく聞いた覚えがあります。

心経を鍼で扱うのは刺激の強さ加減が難しいので

できれば扱いたくないのかもしれません。

実際僕も脈診中に心経に鍼を当てた途端に脈が乱れた

経験があり、神経を使います。

喘息持ちの方だと発作を起こしますからね(ー_ー)!!

鍼を当てただけでですからびっくりします。

キヅキによる波動調整だとノーリスクで効果的に自律神経症状から

解放できます。

今日も絶好調でした!!

明日もよろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加